診療案内

一般歯科

一般歯科

予防によって防ぐことが出来なかった場合、まずここで治療することになります。

噛み合わせが悪い方も、一度ご相談においでください。
お子様から、成人の方まで治療が可能です。

噛み合わせが悪いと、見た目が気になるだけでなく、歯磨きがしにくくなるので、虫歯になりやすかったり、歯周病になりやすかったり、色々な悪い点がありますので、矯正治療を受けましょう。

インプラント

インプラント

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

小児歯科

小児歯科

子供の歯は将来永久歯になっていく過程で非常に重要な役割を果たしています。

最近の小児のお口の中の傾向をみますと両極端に分けられます。虫歯がたくさんある子とまったくない子。いろいろな要因が考えられると思いますがやはり親の歯に対する関心が現れているのではないでしょうか。虫歯があるかないか歯列並びに噛み合わせがどうであるか、また、虫歯を作らないために積極的にフッ素などを取り込んでいるかどうかこれらの事をトータル的に考えていかなくてはいけないと思います。

矯正歯科

矯正治療は早ければ早いほど良いというものでも、遅くても良いというものでもありません。

子供の場合、検診等で指摘されない場合でも、歯科医に相談するのが最良の方法だと思われます。症状によっては、より早い時期に治療をしなければならないこともありますし、ある程度永久歯が生え揃ってからなど、それぞれのケースにより最適な開始時期が違っております。

成人の場合でも、矯正治療は当然可能です。特に矯正開始時期に制約はありません。最近では、口元への意識の高まりから審美的改善はもちろん、口腔内疾患の予防的な意義からもたくさんの成人の方が矯正治療を希望しております。

予防歯科

予防歯科こそ歯科治療に必要であると考えます。

上原歯科クリニックでは予防歯科を最も大切にしております。どれ程よい治療を施すよりも、虫歯や歯周病によって大切な歯を削ることがないほうがよいに決まっております。 日々のブラッシングで落とせない汚れは歯医者にお任せ下さい。また虫歯になりかけている歯の早期発見・早期治療も出来ます。80歳まで20本の歯を残そうという運動がありますが、予防歯科によって目指すことが出来るのではないかと思います。
またフッ素塗布も行っております。虫歯菌の出す酸に対して強く、丈夫になります。興味のある方はご相談下さい。