歯周病治療

歯周病の治療

歯周病の治療

1、ブラッシング指導
現状のブラッシングでどこが磨けているか・磨けていないのかをよく理解して頂いた上で、ご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。

2、スケーリング(歯石除去)
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

3、フラップオペレーション
歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。このような場合には、歯肉を外側に開いて歯根を露出させ細かい部分まで歯石を取り除きます。

4、歯周組織再生誘導
歯周病によって破壊された骨は通常再生することはありませんが、上記のフラップオペレーションに加えてゴアテックスやコラーゲンなどの膜を貼り付けたりエナメルマトリックスと呼ばれるたんぱく質を塗布することで、歯周組織の再生を促進させることができます。

歯周病は恐い細菌病

成人が歯を失う1番の原因は歯周病成人が歯を失う原因で1番多いのはプラーク(歯垢)がたまって起こる歯周病です。

プラーク(歯垢)は歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜のことをいいます。このネバネバしたプラークは次第に堅くなって歯石となります。こうなると専門家以外では簡単に取り除けない為、歯医者が治療をしております。間違った歯磨きをしていたり歯医者にあまり通わないとプラークや歯石がたまります。特に清掃しにくいところにたまるのですが、これが感染を招き、次第に歯を支持している組織を破壊し、歯の周囲の歯肉にポケットができます。ポケットを清潔に維持することは非常にむずかしく、ポケットは更に深くなって行きます。そのまま放置すると、ついには歯が抜けて、入れ歯や人工歯根(インプラント)などの治療が必要となる場合が多くあります。

こういった流れで、歯周病は成人の健康な歯を失わせていく恐い細菌病なのです。