インプラント治療

インプラントって何?

インプラントとは、歯の失われた部位の顎の骨の中に人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法です。インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造をもち、お口の中の機能回復と審美性を追求した新しい歯科治療です。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

上で述べたように、インプラントとは不幸にも天然の歯を失ってしまった人に適した治療法です。


右図の【インプラント治療の流れ】の図のように、 親和性の高い素材(チタン)で作られた人工歯を 顎の骨に埋入する手術を行う治療をインプラントと言います。

下で述べる、ブリッジ義歯(入れ歯)にはない長所があり、 天然歯に劣らぬ噛み心地を味わうことが可能です。

ブリッジと義歯(入れ歯)と、そしてインプラント

ブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。場合によっては神経をとらなくてはなりません。
インプラントでは両端の歯はそのままで、負担もかかりません。


取り外しの義歯(入れ歯)の場合、残っている歯に金属のバネをかけて支えています。違和感があり、清掃も難しく見映えも良くありません。また、数年の内にバネの支えになっている歯が移動したり、グラグラになってくることがあります。それに加えて義歯の下の顎の骨もやせて来ますので合わなくなり、作りかえを何度もしなくてはなりません。
インプラントでは失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。
残っている歯には負担はかからず、むしろ保護されます。インプラントが入っていることで顎の骨が吸収される(やせる)のを防ぎます。

インプラントはブリッジや義歯(入れ歯)に比べメリットの多い治療法なのです。