矯正歯科(大人の矯正)|新潟市西蒲区巻の歯医者|ろはすデンタル

新型コロナウイルス対策(衛生管理)について

  • 無料駐車場 / キッズコーナー / 訪問歯科
  • 高倍率マイクロスコープ ╱ 歯科用CT完備

万全の衛生管理

  • 天然歯の保存にこだわります
  • 初診・急患随時受付けております
  • 0256-72-7542
  • 新潟県 新潟市 西蒲区 巻甲4476-1

矯正歯科(大人の矯正)

このページの目次

ろはすデンタルの咬み合わせを重視した矯正治療

矯正治療

ろはすデンタルでは、身体に負担なく快適な咀嚼ができる咬み合わせを考慮した矯正治療を実施しております。患者さまのご要望をしっかりとお聞きし、歯並びやライフスタイルに適した治療法・矯正装置をご提案いたします。歯並びや咬み合わせでお悩みの方はぜひ、当院の矯正治療をお受けください。

咬み合わせ・矯正の研鑽を積んだ医師が治療を担当いたします

医師ろはすデンタルでは、見た目はもちろんですが、全身の健康を考えた咬み合わせにもしっかりとこだわった矯正治療に努めております。

健康のための永久歯列矯正認定医(日本一般臨床矯正研究会)・日本顎咬合学会認定医資格を有した院長が、筋反射を応用したテスト(O-Ring Test)など用いて、患者さま一人ひとりに合った治療計画をご提案いたします。

理想の咬み合わせ実現のため非抜歯矯正を心がけています

非抜歯矯正

歯が並ぶ顎骨のサイズに対して、歯が大きく収まりきらないことによって歯並びは乱れます。そのため、矯正治療では歯が収まるスペースを得るために歯を抜くことも少なくありません。多くの場合、小臼歯が抜歯の対象となりますが、健康な歯であることや将来的な噛みあわせを考えると、できるだけ抜かずに治療をしたいというのが本音です。そのため当院では、以下の2つの方法によって可能な限り非抜歯での矯正治療に努めております。

遠心移動によるスペースの確保

遠心移動

歯を今ある位置よりも更に奥に移動させる「遠心移動」によって、歯が収まるスペースを確保できる場合があります。インプラントアンカーやマウスピース型矯正装置を用いて効率良く歯を奥側へ移動させることで、歯を抜かずに歯並びを整えることができます。

歯幅を縮小してスペースを確保

歯幅を縮小

歯のエナメル質を両側から少しずつ削り、歯幅を縮小することで矯正治療に必要なスペースを確保できる場合があります。この方法はIPR法やディスキング、ストリッピングと呼ばれ、矯正治療や小児歯科などで一般的に行われている方法です。削るエナメル質の量は0.2㎜~0.5㎜程度ですので、歯の健康には影響がありません。

シークエンシャル咬合の実現に努めています

矯正治療は見た目を整えるだけでなく、日常のあらゆる場面で身体に負担のない調和された咬み合わせ(シークエンシャル咬合)が重要となります。そのため、ろはすデンタルでは咬み合わせを重視し、可能な限り歯を抜かない矯正治療によってシークエンシャル咬合の実現に努めています。

装置の見た目が気になる方には目立たない装置をご提案いたします

目立たない装置

ろはすデンタルでは、一般的なワイヤー矯正装置の他にも治療中の見た目に配慮した目立たない矯正装置をご用意しております。ご自身で取り外せるマウスピース型の矯正装置などもありますので、これまで職業の関係で矯正治療を敬遠されていた方も、気軽に治療を開始していただけます。患者さまの口腔内、ご要望を考慮し、適切な治療法・装置をご提案いたします。

透明なブラケットを用いたワイヤー矯正装置

透明なブラケット歯の表面に取り付けるブラケット(ワイヤーを留める器具)を透明な素材に変更したワイヤー矯正装置です。

金属のブラケットに比べて、目立ちにくく、見た目もソフトな印象になります。一般的な装置と設計は変わらないため、矯正力も高く、幅広い症例に適応可能です。

部分的な矯正にはマウスピース型矯正装置Essix(エシックス)

Essix(エシックス)Essix(エシックス)矯正治療後の後戻りや1本~2本の部分的な歯並びの矯正に適したマウスピース型矯正装置です。

透明なマウスピースを装着して、少しずつ歯を理想の位置へ動かしていきます。部分矯正は全顎矯正に比べて動かす歯の数が少ないため、比較的短時間で治療が終わり、費用も抑えられるのが特徴です。

マウスピース型矯正装置クリアコレクト

マウスピース型矯正装置クリアコレクトクリアコレクトは目立たない・取り外せるマウスピース型矯正装置です。1~2週間を目安に患者さまご自身でマウスピースを交換し、段階的に歯並びを整えていきます。

歯を少しずつ移動させていくため、歯の移動に伴う負担が少なく、無理のない矯正治療が可能です。

 

クリアコレクトの特徴

透明で目立たない

透明で目立たない

矯正に使用するマウスピースは透明な素材で製作されているため、装置を装着している状態でもほとんど気づかれることはありません。

自分で取り外せる

自分で取り外せる

マウスピースは取り外せるため、食事や歯磨きも普段どおり行えます。装置が邪魔で歯磨きがうまくできないなどの問題もありませんので、口腔内を清潔に保つことができます。

金属アレルギーでも大丈夫

金属アレルギー

マウスピースはポリウレタン製で金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も気にすることなく治療に取り組んでいただけます。

口腔内が傷つきにくい

口腔内

ワイヤーが引っかかってお口の中や唇などを損傷するようなことありませんので、怪我をする可能性も低い設計となっています。

口腔内スキャナー(3Shape TRIOS)を用いた型取りを実施

3Dスキャナーろはすデンタルでは、光をあてるだけで口腔内の3D画像データを採取できる光学3Dスキャナー(3Shape TRIOS)をご用意しております。

クリアコレクトのマウスピースの型取りがスムーズかつ、精密に行えます。従来の粘土のような材料を使用しないため、患者さまへの負担も少なく、嘔吐反射が強い方も安心です。

3D画像データで歯の動きをシミュレーション

口腔内スキャナーで採取したデータを基に専用ソフトを用いて、理想の歯並びまでの歯の動きをシミュレーションしながら、治療計画を立てていきます。患者さまも歯がきれいに並んでいく過程や最終的な歯並びを確認いただけることで、治療へのモチベーションが上がります。

矯正治療で改善が可能な歯並びについて

叢生(でこぼこの歯列)

叢生(でこぼこの歯列)

八重歯や乱杭歯とも呼ばれ、歯がさまざまな方向に生えて、でこぼこな歯並びです。ケアが難しいため、虫歯や歯周病になりやすい特徴があります。見た目や咬み合わせも問題の歯並びです。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上顎の歯や顎が前方へ突き出ている歯並びです。見た目の悪さをはじめ、適切な咀嚼ができないことや発音しにくいなどの問題があります。

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)

下顎の歯や顎が前方へ突き出ている歯並びです。前歯での咀嚼が難しく、奥歯への負担が大きくなり、顎関節症などのリスクが高いのが特徴です。見た目や発音障害などの問題もあります。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間が大きく空いている歯並びです。食べ物が挟まりやすく、虫歯リスクを高めてしまいます。また、歯の間から空気が漏れるため、発音障害などの問題もあります。

開咬(口が閉じない)

開咬(口が閉じない)

上下の歯を咬み合わせた時に前歯部分が閉じない歯並びです。常にお口が開いている状態のため、口腔内が乾燥し、口臭の発生・虫歯や歯周病になりやすいのが特徴です。

過蓋咬合(咬み合わせが深い)

過蓋咬合(咬み合わせが深い)

上下の歯を咬み合わせた時に上の歯が下の歯を覆うほど咬み合わせが深い状態の歯並びです。下の歯で上の歯茎を損傷したり、顎関節症になりやすかったりなど、さまざまな問題があります。

一般的な矯正治療の流れについてご紹介

カウンセリング
歯並びについてのお悩みをお聞きしながら、矯正治療について詳しくご説明いたします。

診査・診断
お口や歯並びの状態を把握するため、レントゲン撮影をはじめ、口腔内の検査をします。

治療計画の立案
診査・診断結果、さらに患者さまのご要望を考慮し、適切な治療計画を立てます。
※虫歯や歯周病をはじめ、口腔内に問題がある場合はそちらの治療を優先いたします。

矯正治療開始
装置を歯に装着し、矯正治療がスタートです。定期的に通院していただき、装置の調整や治療経過の確認を行います。※使用する矯正装置によって通院の頻度は多少異なります。

保定処置
歯が綺麗に並んだ後は歯の後戻りを防止するため、保定装置で歯列を安定させます。

矯正治療完了
保定処置で歯列が安定しましたら、矯正治療の完了です。治療完了後は定期検診を行い、アフタフォローをいたします。

ワイヤー矯正(ブラケット矯正)・マウスピース矯正を動画で解説

▼こちらはメディカルネットさんが作成したワイヤー矯正(ブラケット矯正)とマウスピース矯正の解説動画です。各矯正装置の治療の流れなど、分かりやすくまとめられていますので、ぜひご覧ください。

▼ブラケット矯正(ワイヤー矯正)

▼マウスピース矯正

矯正治療に関するQ&A(よくある質問)

矯正治療に年齢制限はありますか?

矯正治療は子供の頃に行うものというイメージが強く、年齢制限があるように思われがちですが、実際は何歳からでも矯正治療を行うことができます。矯正治療においては、年齢よりも歯茎や骨の状態が重要となります。そのため、若いうちに始める方が歯並びや咬み合わせの改善に有利なのは確かですが、年配の方でも口腔内の状態が良好であれば、問題なく矯正治療が可能です。

矯正治療は痛みを伴いますか?

矯正治療中は継続的に歯へ力がかかっているため、歯が引っ張られるような感覚を感じることがあります。また、個人差がありますが歯の移動による痛みを感じる場合があります。特に矯正治療の開始時、装置の調整後すぐは違和感を強く感じますが、慣れと共に少しずつ緩和されます。

矯正治療中は食事制限などが必要ですか?

ご自身で取り外しができるマウスピース型の矯正装置は、食事の際に外すことができますので、これといった問題もなく食事が可能です。一方、ワイヤーを用いた一般的な装置については、装置にひっつきやすいガムやキャラメルなどは虫歯リスクが高くなるため、できるだけ控えていただいたほうが良いです。また、固い食べ物も装置を破損する可能性がありますので、控えていただくか食べる際は小さく砕いてから食べるようにしましょう。

虫歯や歯周病でも矯正治療はできますか?

矯正治療は歯や歯茎に継続的な力がかかり、負担も大きくなるため、口腔内環境が良い状態でないと各症状が悪化する可能性が高くなります。そのため、基本的には虫歯や歯周病を治してから、矯正治療を行います。

矯正治療の費用

※下記金額は全て税込です。

名称 イメージ 特性 料金(税込)
精密検査/診断費 精密検査/診断費 レントゲンや模型などの資料を取り、診断をして、診断結果を患者さまにお話しするまでにかかる費用です。 33,000円
小児矯正 小児矯正 乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。かみ合わせやあごの形、大きさを整え、永久歯がきちんと生えそろうように誘導する治療です。 110,000~990,000円
成人矯正 成人矯正 歯にブラケットを貼り付けて歯を動かす方法です。一般的な大人の成人の矯正治療です。 110,000~990,000円
目立たない装置 目立たない装置 金属ではなく、単結晶サファイア素材でできた透明の装置ですので目立ちません。 110,000~990,000円
マウスピース矯正 マウスピース矯正(インビザライン) マウスピース型の矯正装置で、食事や歯磨きの時に取り外せます。色は透明に近いので目立ちません。 110,000~990,000円
舌側矯正 舌側矯正 装置部分とワイヤーをCAD/CAM先端技術を用いてカスタムメイドします。外からはまったく見えず、矯正治療をしていることが他の人には分かりません。 110,000~990,000円
部分矯正 部分矯正 補綴(被せ物)を入れる前に1歯から数歯の部分的な矯正を行います。 110,000~990,000円
矯正期間中の調整費 矯正期間中の調整費 矯正装置の調整に毎月ご来院いただきます。 3,300~6,600円/月

※抜歯が必要な場合、抜歯料金は別途頂戴いたします。
※あくまで一般的な金額です。その方のお口の中の状態によって金額の変動があります。

新潟市西蒲区巻で噛みあわせを重視した矯正治療をご希望の方へ

噛みあわせを重視した矯正治療

ろはすデンタルでは、このように歯科治療の根幹である噛みあわせを重視し、患者さま一人ひとりの口腔内・ご要望を考慮した矯正治療のご提案に努めております。新潟市西蒲区巻で噛みあわせを重視した矯正治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る