親知らずの抜歯・移植|新潟市西蒲区巻の歯医者|ろはすデンタル

新型コロナウイルス対策(衛生管理)について

  • 無料駐車場 / キッズコーナー / 訪問歯科
  • 高倍率マイクロスコープ ╱ 歯科用CT完備

万全の衛生管理

  • 天然歯の保存にこだわります
  • 初診・急患随時受付けております
  • 0256-72-7542
  • 新潟県 新潟市 西蒲区 巻甲4476-1

親知らずの抜歯・移植

痛みの少ない親知らずの抜歯や親知らずの移植を行っております

親知らずの抜歯や親知らずの移植

ろはすデンタルでは、患者さまの大切な歯をできるだけ抜かないことをモットーとしております。虫歯や歯周病による抜歯はもちろんですが、トラブルが生じやすい親知らずにおいても、将来的な活用法などを考え、可能な限り保存する方針をとっています。また、抜歯が必要となった際にはリスクや痛みを抑えた適切な処置をいたしますので、どうぞご安心ください。抜歯・保存については適切な診断を行っていますので、親知らずの状態が気になる方は一度ご相談ください。

親知らずの有効活用法「自牙歯牙移植」について

自牙歯牙移植

親知らずは抜かれることが多いため、不要な歯と思われていますが、健康でまっすぐ生えている状態であれば、将来、歯を失った際に活用できるため、当院ではできる限り保存する考えでいます。具体的な活用方法に関しては以下の通りです。

当院では、歯を失った際にインプラントや入れ歯、ブリッジなどの一般的な治療法に加え、親知らずの移植をはじめとした活用法による咬み合わせの回復法をご提案いたします。親知らずはご自身の歯ですので、生体にも馴染みが良く、以前と変わらない感覚で生活していただけることが最大の魅力です。

抜歯をおすすめする親知らずの状態について

親知らずはお口の中で最後に生え揃うため、スペースが無いなどの理由から正常に生えてくることが難しく、トラブルを起こしやすい歯です。当院では、できる限り天然歯を保存する方針ではありますが、口腔内環境を著しく悪化させるような状態の親知らずは抜歯をおすすめする場合もあります。抜歯を検討・おすすめする代表的な親知らずの症状をご紹介いたします。

虫歯や歯周病になっている

虫歯や歯周病

お口の一番奥に生える親知らずは、細かい部分の歯磨きが難しく、虫歯や歯周病になりやすい歯です。また、治療を行っても前途の理由から再発率も非常に高く、健康な状態を維持することが難しいため、他の歯に悪影響を及ぼす前に抜歯をおすすめいたします。

歯並びに影響する場合

歯並び

横向きや斜め向きに生えた親知らずは、前方の歯を押すような状態で成長します。継続的に押された歯は少しずつ移動するため、将来的な歯並びや咬み合わせが乱れる原因となります。そのようなことが起こらないよう、できるだけ早い段階で抜歯をおすすめいたします。

親知らず周辺に慢性的な炎症が生じる

慢性的な炎症

歯茎に半分埋まった親知らずは、ケアが難しいため、細菌の繁殖によって炎症が起きやすくなります。親知らず周辺に起こるこの炎症を智歯周囲炎といい、症状が悪化すると痛みが強くなるだけでなく、発熱や頭痛、開口障害など、さまざまなトラブルを引き起こすため、悪化する前に抜歯をおすすめいたします。

親知らず周辺に嚢胞がある

嚢胞

レントゲン撮影で親知らずの周辺に黒い影を確認できる場合があります。この黒い影は、嚢胞と呼ばれる膿の袋が形成される症状の可能性高く、症状が悪化すると周辺の神経を圧迫し、強い痛みや腫れを伴うため、膿の摘出と必要な場合には親知らずの抜歯を検討いたします。

女性は妊娠前に親知らずの抜歯を推奨しています

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によって親知らずが痛み出す可能性が高くなります。

しかし、妊娠中はお腹の赤ちゃんへの影響も考え、麻酔や痛み止めなどを控えていただく場合があります。そのため、女性の方は、将来的にトラブルが起きそうな親知らずがある場合、できるだけ妊娠前の抜歯を推奨しています。

痛みやリスクを抑えた親知らずの抜歯のために

多くの方が親知らずの抜歯は「痛い・怖い」などのイメージをお持ちだと思います。当院では、そのような方に少しでも不安な気持ちを抑え、処置を受けていただくため、親知らずの抜歯に伴うリスクや痛みの緩和に努めております。

歯科用CTによる精密検査

歯科用CT横向きに生えていたり、歯根の形状が特殊だったりする親知らずは、まっすぐ生えている親知らずに比べて難易度が高く、さまざまリスクを伴います。

そのため、難易度が高い親知らずの抜歯の際には、歯科用CTによる精密検査によって、周辺の神経・血管・親知らずの状態と位置を正確に把握し、適切な抜歯を心がけています。

痛みや精神的負担の緩和

痛みや精神的負担親知らずの抜歯に伴う痛みについて良く質問されますが、抜歯時は麻酔注射がしっかり効いているため、ほとんど痛みなく抜歯が可能です。

また、当院では苦手な方が多い麻酔注射の痛みについても、極細針や表面麻酔をはじめとした痛みの緩和対策を実施しておりますので、ご安心ください。

※不安や恐怖心が強い方には、笑気麻酔もご用意しております。

痛みの少ない歯科治療ページへ>>

抜歯後の痛み・腫れを抑えるために

抜歯後の痛み・腫れ麻酔注射の効果が切れると少しずつ痛みが現れます。この抜歯後の痛みや患部の腫れは、抜歯に要した時間が大きく関係するため、スムーズな抜歯が重要となります。

そのため、ろはすデンタルでは、事前のCT検査やレントゲン検査の結果を基に、シミュレーションを行い、できるだけ早く・正確な抜歯を心がけています。

ドライソケットや細菌感染対策の徹底

ドライソケットや細菌感染対策親知らずを抜くと、抜歯窩に血液が凝固した血餅が形成されることで、傷口を刺激や細菌感染から保護します。しかし、体質やうがいなどによって、この血餅が形成されずらかったり、剥がれてたりすると激しい痛みを伴うドライソケットになってしまいます。

ろはすデンタルでは、抜歯後のドライソケットや細菌感染を防止するため、抗生物質の処方に加え、抜歯窩にコラーゲンを充填する処置なども行っております。過去にドライソケットなった方は、お気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯についてよくある質問

親知らずが急に痛くなりました。すぐに抜歯してもらえますか?

急に痛みだした親知らずは、炎症を起こしている可能性があります。炎症がひどい状態で抜歯をすると、痛みがさらに強くなる場合がありますので、お薬で炎症を抑えてから、抜歯をいたします。
※緊急性が高い状態に限り、診査・診断をしっかり行った上で当日、抜歯することもございます。

親知らずが痛み出す原因はなんですか?

親知らずが痛みだす原因の一つは虫歯です。その他に多い症状としては、親知らず周辺に起こる炎症などがあります。生えかけや中途半端な状態で成長が止まった親知らずは、周囲に汚れが溜まり、細菌の繁殖によって炎症が起きやすくなるため、日々のケアが重要となります。

親知らずの抜歯は痛いのですか?

親知らずを抜歯する際は、事前に局所麻酔をしますので、痛みを感じることはありません。麻酔の効果が切れてくると少しずつ痛みが現れますが、処方した痛み止めを服用することで痛みは緩和されます。

親知らずは複数同時に抜歯することはできますか?

体への負担などを考慮し、基本的には1本ずつの抜歯となります。患者さまのご要望で複数の抜歯をする場合には、腫れやすい下顎の親知らずは同日に抜かず、左か右の上下セットでの抜歯が望ましいと考えます。

新潟市西蒲区巻で痛みを抑えた親知らずの抜歯をご希望の方へ

痛みを抑えた親知らずの抜歯

ろはすデンタルでは、将来的な親知らずの活用法を考慮した上で抜歯・保存の診断を行っております。また、難抜歯の際には事前の検査をはじめ、痛みやリスクを抑えるためのさまざまな対策を行い、心身的な負担の緩和に努めております。新潟市西蒲区巻で痛みを抑えた親知らずの抜歯や親知らずの移植をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る